FC2ブログ
愛のために生き人のために死す
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オラァ!まだまだぁぁ!!
おはようございます。
最近は、いろいろと不調が続く毎日です。
さすが年始に『凶』を引き当てただけある。今も家の枕元に置いてあるぜ。
まぁ、死ぬわけじゃないし、ふぅみゅぅ様に乗り越えられない壁など存在するはずが無いな。うん。
まぁ、それはともかく、おとといは、お客さんと夜12時まで茅ヶ崎のほうで商談をしていた為、帰れないので茅ヶ崎の東横インに泊まったわけです。意外と快適だね。
で、朝になってテレビをつけたら、なんとか戦隊レスキューファイブみたいなやつがやってたんですよね。
見た目的に悪者のキャラがボクシングをやっていて、『なんとかかんとかアッパー』と叫びながら、おもっくそストレート打ってたわけです。
一方、設定上、正義と思われるキャラはどこか田舎の村っぽいところで『ぼくはこの大自然が好きだから、この自然を守るんだ!』とか三回くらい同じことを連呼していて、だいぶ存在が痛かったです。
そこに、冒頭でお伝えしたボクシングの試合中、対戦相手の自称アッパーで飛ばされて来た敵?が降って来て(あの敵のフッ飛び方はテニプリの波動球を彷彿とさせる勢いでした)突然『いててて…腹がたって来たから自然を破壊するぞ』と、冷静に考えるとだいぶ怒りのぶつける場所を見誤った発言をしてデンジャラスバブルとやらの液体を流し始めるんですね。しかし、私の目が正しければ別に草木が枯れるわけでも無く村が水浸しになるだけでした。
そこにレスキューファイブ登場。あっさり敵を倒します。レスキューファイブの攻撃のせいで起きた敵の爆発は温暖化にだいぶ貢献しているように感じました。挙句の果てには敵を一度倒したのにエコカー減税対象外と思われる排気ガス満載の乗り物を出動させ、バズーカっぽいものを発射していました。だいぶ山とか川を凍結させたりして環境破壊に貢献していました。
そこから先は仕事で出かけたので見てませんが、ぼくは、レスキューファイブがいなくなればある程度地球の寿命が長くできると思いました。
~おしまい~
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ねね | URL | 2010-02-07-Sun 19:30 [EDIT]
ふみゅって結局
早稲田法なの?w

数の子 | URL | 2010-02-09-Tue 02:50 [EDIT]
違うだろ

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 愛のために生き人のために死す. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。